ワークショップを用いたピア学習(相互評価)を実施したい

「ワークショップ」という学生同士が相互評価をする活動を活用してみましょう。

ワークショップを用いたピア学習(相互評価)を実施したい
ワークショップは次の5つのフェーズですすめます。
(1)セットアップ:教員が ワークショップの設定、評価方法をする。
(2)提出:学生が提出物を作成して提出する。
(3)相互評価:学生同士で相互評価する。
(4)評価:教員が成績を付ける。
(5)終了:学生が成績表を確認する。
ワークショップを用いたピア学習(相互評価)を実施したい
ワークショップは次の5つのフェーズですすめます。
(1)セットアップ:教員が ワークショップの設定、評価方法をする。
(2)提出:学生が提出物を作成して提出する。
(3)相互評価:学生同士で相互評価する。
(4)評価:教員が成績を付ける。
(5)終了:学生が成績表を確認する。
作り方
  1. ワークショップの作り方はこちら。富山大学のサイトへ移動します。 http://www.itc.u-toyama.ac.jp/moodle2/guide/workshop2.html
  2. こちらの熊本大学のサイトも参考になります。 http://www.ield.kumamoto-u.ac.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/05/workshop.pdf
このレシピを共有する
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>